Logger Script
호도과자 이야기 상단 이미지
학화호도과자 소개 HOME >화살표 ホドクァジャ ストーリー >화살표 鶴華ホドクァジャの紹介
1933年、
当時最高の製菓技術者であったシム・ボクスンハルモニのご主人の
故チョ・ギグムハラボジ(おじいさん)によって初めて作られました。
さまざまな種類の材料のうち、豊富な栄養と味、果実の特異な形状を見て、
天安の 由緒ある特産物のくるみを選び、お菓子を作り始め、
これをホドクァジャと名付けたのが、
現在のホドクァジャの誕生の由来となりました。

鶴華ホドクァジャは、小麦粉に卵、水、牛乳、
砂糖で作ったシロップを混ぜてこねます。そして、あんとして使われる小豆は、
小豆と白小豆を使い分けて何回か皮を向いてなめらかな
あんを作り、人工甘味料や防腐剤を一切入れていないにもかかわらず純度が高く、
十日経っても 腐ったりしません。丸ごと入った大き目のくるみは甘くなく、
舌触りがよい味で人気があり、くるみにはオメガ3脂肪酸が豊富で、
たんぱく質やビタミンB1、ビタミンB2など、体に良い 栄養成分が豊富であると知られて、
最近では日本をはじめとする外国人観光客の間で人気が 高まっています。

現在は、故チョ・グッテ氏とチョ・インホ氏(チョ・グッテ氏の次男)
が製造技法の伝授を 受けて、運営しています。
80年余りの歳月の間、天安の名物として全国民から愛されてきたハルモニのホドクァジャは
私たちの生活文化・製菓文化の裾を継いでいます。
1934~ 내용 옆 이미지
地域と商標を必ずご確認ください。
ホドクァジャの元祖、鶴華ハルモ二ホドクァジャの本物は
天安(チョナン)地域でのみ製造販売しています。
ホドクァジャの人気が出るやいなやあちこちで模造品が雨後の筍のように生まれました。
それでも一様に良質の材料で心を込めて作る鶴華ホドクァジャ - ハルモニ
ホドクァジャだけの 独自の味は絶対に真似することはできません。
鶴華ホドクァジャは、今後もより良い味と栄養の ために研究し努力する
ことを約束いたします。これまで私たちの鶴華ホドクァジャを大切にして
くださったように、さらにご愛用くださり、私たちのものを大切にしてくださるよう
お願い申し上げます。

鶴華ホドクァジャ 従業員一同
지역과~ 내용 옆 이미지
1992年 記事の内容